Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://embox.blog55.fc2.com/tb.php/108-31dc3d5a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

神姫劇場~アセンブル~

13 014
レイティス「さ~てお待ちかね~!」
シリウス 「『騎士子ヘッドパーツ』のアセンブルを始めるぞ!」
や、随分張り切ってるね二人とも。
レイティス「ま~ね。」
シリウス「うむ。時間ももったいないし、早速始めるとしよう!」
りょーかいだ。
13 016
まずは必要な道具だな。
レイティス「まずはニッパー、デザインナイフ・・・・・。」
シリウス「あとはヤスリに、カッターノコ、瞬間接着剤・・・・」
あとはピンバイスと、両面テープがあればOKだ。
13 019
シリウス「では次は、パーツチェックだな。」
そうだ。パーツは顔が2種類(表情別)と髪の毛はセミロング2パーツと武装時2パーツ、
そして、オートクチュール白1セットだ。
シリウス「もし、パーツが足りない場合はどうするのだ?」
その時は説明書に載ってるアドレスにメールをくれれば、すぐパーツを送るように
するから問題はないぞ~。
シリウス「流石は私のマスターだ。それじゃあニッパーでパーツを切り出して・・・。」
いや、その前にパーツに付いてる離型剤を落とさなきゃな。
手間が掛かるので、前の『メイド弐式』の時と同様に離型剤クリーナーで落とすぞ。
シリウス「そしてパーツを切り出すのだな。」
刃物を使う時はくれぐれもケガに注意してくれよ~。
シリウス「わかっているよマスター。」
13 023
さてお次はピンバイスで軸受用の穴を開けるぞ~。
レイティス「それはいいけど、この赤色と黒色は何?」
それぞれ、穴の大きさが違うから色をつけてわかりやすくしたんだよ。
シリウス「ほう、なるほど。」
赤色は3mmのドリル、黒色は2.5mmのドリルを使用するからな。
シリウス「くれぐれも間違えないように注意が必要だな。」
レイティス「穴を開けるときは、ゆっくり慎重に・・・でしょ。」
さすがレイティス、わかってるな~。
レイティス「えへへ~。」
13 013
シリウス「で、穴を開けて、顔をハメ込んでみたわけだが・・・・。」
ここまでくれば、あともう一息だぞ~。
レイティス「あとはそれぞれ前髪パーツをつけるだけね~。」
シリウス「マスター、セミロングのほうはダボがあるのだが、武装用にはダボがないぞ。
どうするのだ?」

ああ、そっちは適当な大きさに切った両面テープをはって固定するんだ。間違っても
瞬間接着剤で接着するなよ~。
13 017
とりあえずヘッドパーツの組み立ては以上だ。
シリウス「なるほど、意外と簡単だったな。」
レイティス「でもこのままじゃボディーにくっつかないわよ?」
だから、次はジョイント部の加工だ。
13 022
まずはオートクチュールから『5HC』と『5B』を取り出す。
レイティス「で、5Bを3mmまで切り落とし・・・」
シリウス「5HCを5mmまで切り落とす。」
それで加工は終わりだ。あとは5HCを両面テープで貼り付ける。
ここでも接着しないように注意して欲しい。
13 018
最後に、瞳とヘアバンド等を塗装して完成だ。
レイティス「これで完成ね~!」
シリウス「思ったより時間がかかったな。」
でも、アセッて失敗するよかマシだろ?
シリウス「それもそうだな、ありがとうマスター。」
13 025
レイティス「と、ゆーわけで、『騎士子ヘッドパーツ』アセンブルいかがだったでしょーか?」
シリウス「どうか私達の説明を参考にして、上手に組み立てて欲しい。」
それではこのへんで・・・・
一同「ありがとうございました~!!」

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://embox.blog55.fc2.com/tb.php/108-31dc3d5a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:Matsuya
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。