Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://embox.blog55.fc2.com/tb.php/101-c1266e63

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

5月17日~

12 008
ヴィーナ「マ・ス・タ・-」
えっとヴィーナさん、なんでせうかその格好は・・・・
ヴィーナ「ふふっ。もちろんお祝いの為に決まっていますわ。」
お祝いって・・・・なんかあったっけ?
ヴィーナ「もう、照れなくてもいいんですよ?」
いやいや、全く心当たりがないんですが・・・・。
ヴィーナ「ほんとうに、しかたないマスターですね、でもそんなところも好きですよ。」
いやまあ、俺もお前の事は好きだけど・・・ってか嫌いならマスターやってないし。
ヴィーナ「クスッ、そうですね。それではあらためて・・・・・・
  お誕生日おめでとうございます、マスター!これからも私のこと、ずっと可愛がって下さいね♥」

誕生日って、あ~そうか。もうそんな時期だったか、すっかり忘れてたわ。
あ~でもなヴィーナ、お祝いしてくれるのはもちろんスッゲー嬉しいんだけど・・・・・。
悪い、それ明日だから。
ヴィーナ「え?」
今日じゃなくて、明日が俺の誕生日なんだわ。
ヴィーナ「・・・・・・・・・・」
レイティス「だから言ったのに・・・・」
シリウス「話を聞かないんだから姉上は・・・・・」
と、とにかくありがとうな。お前達にそう言ってもらえるだけでも、十分だからさ。
レイティス「ごめんマスター。明日は期待してて!」
シリウス「ああ、その通りだ。われわれが全力でお祝いするから楽しみに待っててくれ!」
わかった。とにかく明日楽しみにしてるからな。
あと、ヴィーナもあんまり落ち込むなよ。すごく嬉しかったし、
その・・・いい物見させてもらったから。
                      
                         おわれ





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://embox.blog55.fc2.com/tb.php/101-c1266e63

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Matsuya

Author:Matsuya
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。